就職希望の方へ

なかしま歯科医院に就職を考えている方へ


なかしま歯科医院の理念はホームページのTOPにも記載していたように、

1.来て良かったと患者さんに思っていただける歯科医院であること

2.地域で最高レベルの医療サービスを提供している歯科医院であること、それによって最終的に患者さんに幸せになっていただくこと

3.来院者の現在はもとより、未来を考える・作る歯科医院であること

4.スタッフが幸せであること

です。


 なかしま歯科医院は、患者さんに対して、長期に自分の歯牙を保存できるように、自分が受けたい治療は、どのような治療なのかを一口腔単位で考えて治療を行っています。したがって、治療方法として、

①根管治療:

ニッケルチタンファイルを用いて根管形成を行い、垂直加圧根充(オピアンキャリア法、生田法、システムB)を行っています。(京都の山田國晶先生に師事)

②歯周治療:

必要があれば、フラップオペも、行いますが、基本は生田図南先生が提唱されている歯周内科治療とディープスケーリングとメインテナンスに重点を置いて行っています

③有床義歯:

院長は岡山大学の有床義歯講座に九年間在籍し、学位を取得しました。総義歯に関しては、前・佐藤隆志教授に直接教えていただき、現・皆木省吾教授にも多くのことを教えていただき、岡山大学の臨床教授も行っており、下顎総義歯ですべての症例で吸着するとは言いませんが、浮かない下顎総義歯を作製しています。

④冠・橋義歯:

冠装着後の二次カリエスは、冠と支台歯の適合性とセメントの質に依存していると思っています(プラークコントロールはもちろんですが)。したがって、印象時には全症例、歯肉圧排を行って印象採得を行っています。装着時には、全症例フィットチェックを行って、マージンが適合するまで適合させ、レジン系セメントで合着しています。

⑤メインテナンス:

現在ユニット6台に対して、7人の歯科衛生士が在籍し、基本的には担当制でメインテナンスを行っています。2013年の8020達成者は15人で、地域で最も8020達成者が多い歯科医院を継続中です。

⑥インプラント:

インプラントは、残存歯を守るためには非常に有効な手段であると思っています。しかしながら、骨の中にチタン合金を埋め込むという、病態を作っていることも事実であるため、患者さんに説明を行い、患者さんが望まれた場合にのみ施術しています。1983年に日本で初めてのインプラントの患者さんへの埋入が行われてから、30年の臨床データしかありませんが、患者さんの不利益にならないよう、多くの講習会にも参加し、自分でも、岡山のインプラントを多く手掛けている先生方と勉強会を開催しています。CTをはじめ、CGF・ボーンスプレッダーなど含め、多くのテクニックを駆使しています。現在まで200名以上の患者さんに施術していますが、感染による再手術が一例のみで、すべての症例で現在も機能しています。

⑦審美歯科:

ジルコニア、e‐MAX、レーザーボンド、漂白、一般に行なわれるものにはすべて対応しています。

⑧矯正:

基本的には本格矯正を行うべきであると考えていますので、岡山市の「たい矯正歯科」とチーム医療を行っています。田井先生が月に一度当医院に来て矯正を行って下さいますので、勉強する気になれば、矯正治療も勉強できます。院内では、患者さんが望まれた場合には、床矯正、MTMを行っています。

⑨スタディグループ:

岡山のしみず歯科院長清水裕雄先生の主催する「クラブS」 http://dc-1.com/original10.html、院長が主催する「緑山荘インプラント勉強会」に参加しています。

以上のように、なかしま歯科医院では理念を実現すべく、知識と手間のかかる診療にスタッフ一丸となって取り組んでいます。勉強してみたい。納得のゆく治療がしてみたいとお考えの方は是非応募してください。